山田涼介&山崎賢人、アカデミー賞新人俳優賞獲得の演技力

日本アカデミー賞2016

3月4日の第39回日本アカデミー賞授賞式に先駆けて、先日受賞者の発表がありました。

受賞を期により一層の活躍を期待するというのは、どの部門においても同じだと思いますが、新人俳優賞を受賞した俳優には特に今後に期待がかかります。

昨年の「小松奈菜」「能年玲奈」「福士蒼汰」など、受賞を期に一層のブレイクを果たしています。

今回はそんな新人俳優賞を受賞した方の中でも顔も、成長の仕方も似ている二人をとりあげたいと思います。


スポンサーリンク

演技派アイドルを生み出すジャニーズの次世代候補!?山田涼介

最早ジャニーズ事務所をアイドル事務所という認識を持つ人は、限りなく少なくなっているのではないでしょうか?

それもそのはずで、昨年の日本アカデミー賞で最優秀主演、助演男優賞をダブル受賞した岡田准一。

今回の優秀主演男優賞にノミネートしている演技派、二宮和也。

彼らのほかにもドラマや映画に引っ張りだこの役者を有しているのがジャニーズ事務所なんです。

始めはアイドルの甘いマスクという持ち味を生かし、ドラマや映画などに出演し経験を積み、その経験を確かな実力として成長を遂げさせる。

ジャニーズ事務所は、アイドルにとどまらない人材育成をうまくおこなっていると舌を巻きます。

今回紹介する山田涼介も、始めはアイドルとしての要素でのドラマ出演が多く、それほど演技での評価は高くありませんでした。

しかし、徐々にその実力を高めていき、ようやくつかんだ今回の受賞。

俳優になりたくてジャニーズに入ったのではないでしょう。

しかし、自身の実力を高め受賞に至った彼が現在目指しているのは、ただのアイドルではなく、演技派アイドルというワンランク上の地位なのではないでしょうか?

今回の受賞をきっかけに活躍の場を広げ、先の二人に並ぶようなアイドルという枠に収まらない存在になってほしいですね。

スポンサーリンク

ジャニーズだけじゃない!ルックスを生かす山崎賢人!

朝ドラ『まれ』で土屋太鳳とともに一躍ブレイク中の彼。

今回は映画『orange―オレンジ―』と『ヒロイン失格』での演技が評価され、新人俳優賞を受賞しているのですが、その演技力についてはまだまだ不確かな要素が多いようです。

映画『Another』やドラマ『デスノート』での演技では、特にその不安定な演技力が目立ちます。

逆に朝ドラ『まれ』や今回受賞の二作品での演技などの評価はおしなべて高く、役者として成長中の彼の素顔がうかがえます。

元々モデルとして芸能活動を開始した彼。

俳優デビューは2010年になります。

その後は、ルックスの良さもあり様々な作品への出演をはたしていきます。

彼もジャニーズのように顔で売り、経験を積み、成長を遂げてきました。

成長の過程であるという裏付けに、彼にとって今回が、映画賞初受賞なんです。

光るときもあれば、沈んでしまう評価を受けてしまうこともある彼が、今回の受賞を期にさらに多くの経験を積むことで、より一層素晴らしい活躍を期待したいですね。

山﨑賢人 日めくりカレンダー ([実用品])

まとめ

今回は、自身がもともと持つ才能、容姿を生かして別の才能を手に入れようとしている注目の二人を紹介しました。

ほかにも新人俳優賞には、広瀬すずや土屋太鳳、有村架純なども受賞しており、今後の活躍が期待される方ばかりです。

そういった賞ですから、今年の授賞式も楽しみなのですが、来年受賞する俳優が早くも気になってしまいますね。

ともあれ、今回受賞をされた方々が一層活躍することに期待しましょう。

 

スポンサーリンク