とと姉ちゃん第8話のあらすじと感想。第9話のネタバレ!

toto

竹蔵が亡くなってから美子の態度がおかしく心配する常子達。

元気づけようと常子は奮闘しますが全てが空回り。

逆に美子を傷つけてしまうことになります。

頑張っているのになかなかその努力が報われないことは私達にも

多々あることですよね。頑張ってほしいな、とと姉ちゃん!

スポンサーリンク

とと姉ちゃん 第8話のあらすじ

美子のお弁当を届けた常子はひとりぼっちで座っている美子を見つけ、いたたまれない気持ちになります。

なんとか美子の良さをわかってほしいがために美子はじつはこんなに面白い子なんだよっと熱弁する常子でしたが完全な空回りでクラスはドン引き状態。

美子に追い帰された常子は落ち込んでしまいます。

学校の帰りに美子を見つけた常子と鞠子は美子に駆け寄ります。

その時常子は美子にひどい暴言を吐かれて意気消沈。

鞠子が二人の間を取り持って慰めてくれますがそれも今は効果なし。

常子と美子との溝は深まるばかりでなかなか昔のようには戻れません。

そんなある日、近所で火事がありバケツを持って常子は火消しに向かいます。

そこで常子はある男に「女は引っ込んでろ!」と邪魔者扱いされるのでした。

スポンサーリンク

とと姉ちゃん 第8話の感想!

う~ん、今週は常子が奮闘するも全てが空回り状態で反感を買ってしまうという1週間になりそうですね。

全てはその人のことを想っての行動なのですがなかなか受け入れてもらえず逆に信頼を失うと言う辛い日々になっています。

良かれと想ってやったことが反感を買うって自分自身の経験でもあるので見てるだけでものすごく胸が痛みます。

常子と美子の仲がどんどん悪くなっていくのですがその間を取り持つ鞠子の行動が優しくてウルッときてしまいます。

鞠子がいてくれて良かったですし、鞠子が2人に投げかける言葉に救われていますね。

常子は「ととならこんな時どうするのかな」と思い悩んでしまっていますが「そんなに悩まなくても大丈夫だよ!」って言いたくなりました。

きっと竹蔵もそう言うはず!

そしてこの時代って昭和初期ですから男尊女卑がひどいのなんのってね。

あさイチのイノッチも言ってましたが「ぶっ飛ばすぞ!」って私も言いたくなりました。頑張れ常子!

とと姉ちゃん 第9話のネタバレ!

落ち込んでいる日々の生活の中にまた竹蔵の弟の鉄郎がやってきて小橋家の食べ物を食い散らかしていました。

食べるものがなくなってきているのに。

そんなとき町内会で運動会が行なわれると言う知らせが!

二人三脚で1等賞を取れば米一俵を手に入れることができるのでした。

まとめ

落ち込む日々の常子ですが、落ち込んでばかりもいられないことが次々起こります。

どんなことにも投げ出さない常子の信念は竹蔵から培ったのかもしれませんね。

明日も楽しみです!

スポンサーリンク