好きな人がいること5話の感想と視聴率!美咲がついに告白?

sukinahitogairukoto

フジテレビ月9のドラマの『好きな人がいること』は、低視聴率で打ち切りのうわさも流れています。

好きな人がいること4話の視聴率は、野村周平さんらキャストによる副音声の効果か、9.5%とやや持ち直しましたが、5話は裏番組にオリンピックが控えています。

好きな人がいること5話の視聴率はどうなるのか、まずはあらすじから見てみましょう!

スポンサーリンク

好きな人がいること5話のあらすじ・ネタバレ!

櫻井美咲(桐谷美玲)は、柴崎千秋(三浦翔平)と花火大会に行くことになったと夏向(山﨑賢人)に報告。
すると夏向から意外な言葉が出るのだが美咲には届かない。

花火大会前日、千秋に告白しようと決意した美咲は朝からソワソワ。テレビ番組の浴衣特集を見ていると、冬真(野村周平)に千秋と花火大会に行くのかと声をかけられる。肯定する美咲に、冬真は浴衣を着て行くようにと薦める。
買い出しの途中、呉服屋に飾られた浴衣に引き寄せられる美咲。そんな様子を日村信之(浜野謙太)に見つかってしまう。

一方、千秋は別のことで頭を悩ませていた。ランチタイム中の『Sea Sons』に、西島愛海(大原櫻子)が現れたのだ。
何か話がある様子の愛海だったが、千秋は聞く耳持たずに愛海を冷たく追い返してしまう。
日村に勧められるままに浴衣一式を買ってしまった美咲は、店に帰る途中、男に金を渡している高月楓(菜々緒)を目撃する。
楓は美咲に、友達に金を返していただけだと話し、花火大会の夜に街を出て行くと宣言する。

夜、美咲は夏向に、楓のことを千秋に話した方が良いのかと相談する。言う必要ないと答える夏向に安心する美咲。
しかし、浮かれて千秋のことを話し始めると、夏向に出て行けと言われ、喧嘩になってしまう。
そして、運命の花火大会の日。夏向との喧嘩を気にしながらも千秋とのデートに向かう美咲。果たして千秋に想いを告げられるのだろうか?
 公式サイトより

スポンサーリンク

好きな人がいること5話のみどころ!

かき入れ時の花火大会の日、『Sea Sons』は店休日のようです。

千秋は都内にも店を持つ、敏腕レストランプロデューサーだそうですが、父親から譲られた『Sea Sons』は、以前のデミグラスソース問題でも見られたように、採算度外視で経営しているんですね。

花火大会といえば、ふだんとは違う異性の浴衣姿にキュン、とするのが少女漫画の定番で、美咲も浴衣を買って、花火大会を楽しみにしてます。

千秋に告白できるかドキドキするのは、中高生ならほほえましいのですが、美咲はアラサー、仕事に打ち込みすぎて、恋愛経験がよほど少なかったのでしょうか…。

イケメンとのシェアハウス、夜の水族館デート、花火大会、今までの少女漫画・恋愛ドラマの胸キュンポイントのカタログのようで、脚本家が頭を使っているのか謎です。

好きな人がいること4話では視聴率を持ち直しましたが、野村周平さん、浜野謙太さんらキャストが副音声で、ドラマに突っ込みを入れたり、視聴者目線のトークでにぎやかに盛り上げたのがよかったようです。

「ドラマと関係ないことも話してるのが笑える」「好きな人がいること本編より面白い」と視聴者の感想は好感触でしたが、「本編より…」とは、なんだか皮肉です。

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、福山雅治さん主演の『ラヴソング』『好きな人がいること』と、3クール続けてフジ月9は低視聴率を記録していますが、リオオリンピック放送がいよいよ本格的になる中、『好きな人がいること』は視聴率を回復できるのでしょうか。

好きな人がいること5話終了後、感想を更新いたします!

好きな人がいること5話の感想!美咲と夏向がついに!

告白する代わりに、美咲は楓が町を出ていくことを千秋に伝えます。

嘘くさい楓の身の上話に失笑しましたが、千秋は美咲を置いて、楓のもとへ走ります。

またよりを戻しそうな雲行きですが、そもそも2人が恋人同士だったような雰囲気が感じられないので、楓の泣き顔に感情移入できません。

千秋に置いていかれたことを、夏向に強がりながら話す美咲、なんだか思わせぶりな態度に見えてしまいました。

案の定、夏向は美咲の肩を抱き寄せますが、あまりにも読める展開に、ここも失笑です。

桐谷美玲さんのわざとらしい演技、山﨑賢人さんの不愛想というより棒演技も、痛いですね。

下がり続ける視聴率に打ち切りのうわさもありますが、この内容なら仕方ないかもしれません。

5話は裏でオリンピック番組が放送されていましたが、果たして視聴率はどうなるのか、わかり次第お知らせします!

スポンサーリンク