杉咲花『とと姉ちゃん』三女・美子(よしこ)役に注目!

sugisakihana

今春放送の朝ドラ「とと姉ちゃん」で、主演の高畑充希の妹役である、三女美子を演じる「杉咲花」に注目が集まっています。

味の素のCMで回鍋肉をおいしそうに食べる少女として、以前から話題だった彼女ですが、「とと姉ちゃん」の放送開始前に、まだまだある彼女の魅力を紹介したいと思います。


スポンサーリンク

杉咲花の複雑な経歴をまとめてみた!

1997年生まれの18歳の彼女ですが、父親は元レベッカのギタリスト小暮武彦、母親は歌手のチエ・カジウラなのですが、2000年に離婚し、杉咲花は母親と2人暮らしの生活を送っています。

過去にスターダストプロモーションに所属し、子役として活動をしているのですが、引退し芸能界から一度退いています。

しかし、中学生になった彼女は「本格的に女優になりたい」と自分の意志を抱くようになり、憧れである志田未来が所属している研音のオーディションを受け、2011年から所属することになります。

その年に味の素でのCM出演がきまり、回鍋肉をおいそうに食べる少女として注目を集めました。

彼女が女優として注目されるようになったのは、2013年放送のTBSドラマ「夜行観覧車」での演技でした。

複雑な役柄を演じ分けた彼女の演技力の高さが話題になり、以降はドラマや映画に多く出演するようになりました。

スポンサーリンク

映画賞を受賞した「トイレのピエタ」に注目!

彼女は女優として注目されて以降、いくつものドラマや映画で好演しています。

ドラマ「学校のカイダン」や、映画「繕い裁つ人」が代表的に挙げられる作品だと思います。

しかし、今回はTAMA映画賞とヨコハマ映画祭で賞を受賞した2015年公開の映画「トイレのピエタ」での彼女に注目したいと思います。

前述のように、「夜行観覧車」で演技力の高さを見せ、様々な作品に出演をはたしていた彼女ですが、意外にも「トイレのピエタ」撮影中はとても怒られたそうです。

リハーサルに入るまでに、自身の中で役作りは出来ていたようで、自信をもって臨んだそうですが、監督に全く違うと言われてしまいます。

役作りをしなおし、いっそう深く役に入り込み、監督に「これで大丈夫だ」と言われ、最後には「演技するな」とまで言われるほどになりきったそうです。

このように、どんどん成長していく彼女ですから、今回の朝ドラでの演技に注目が集まるのかもしれません。

杉咲花、朝ドラ出演でさらなるブレイク!?

朝ドラ「とと姉ちゃん」で杉咲花が注目を集めブレイク確実と思いますが、今回の朝ドラでは、彼女の他にも注目女優がおり、朝ドラ出演でブレイク間違いなし!と簡単に言い切ることは難しいんです。

まず、主演は現在ブレイク中の高畑充希が演じ、杉咲花と三姉妹を演じる相楽樹も注目株の女優です。

また、AKBを卒業した川栄李奈も出演がきまっています。

彼女はAKB在籍中から、女優としての評価が高く、今回の朝ドラをきっかけにブレイクするのでは?と期待されています。

朝ドラでブレイクするには、演技力だけではなく、役柄も関係してきますから、本当に放送が始まってみないとどうなるのか分かりません!

まとめ

杉咲花はまだ18歳と非常に若いです。

「とと姉ちゃん」出演中にも成長していくことでしょう。

これからも注目作に出演をはたし、その才能をさらに磨いていきいっそうの活躍に期待したいと思います。

スポンサーリンク