せいせいするほど愛してる全話ネタバレと原作結末。キャストと視聴率も

2016_summer

『せいせいするほど、愛してる』は、2016年7月からスタートするTBSの火曜10時のドラマです。

武井咲さんが初めて挑む禁断の不倫のラブストーリー、滝沢秀明さんとの初共演も話題となっている、この夏注目のドラマです。

さっそく、本作の視聴率やあらすじをまとめていきましょう!

スポンサーリンク

『せいせいするほど、愛してる』の視聴率予想

主演の武井咲さんは『フラジャイル』『エイジハラスメント』など数々のドラマに出演していますが、どの出演作も視聴率が低迷して終わっていて、実はあまり「視聴率は持っていない」と言われています。

「事務所がごり押している…」という噂がSNSなどでささやかれているようですが、武井咲さんが出るから見たい!という雰囲気にはならないようです。

いっぽう、初共演となる滝沢英明さんですが、ファンからは「低視聴率女王の武井咲さんと共演は不安」「不倫ドラマは見飽きた」と、早くも心配な声が寄せられています。

『せいせいするほど、愛してる』は、脇役にも話題の俳優・タレントを集めているため、初回視聴率を10%と予想しますが、どんな結果になるのでしょうか…!

スポンサーリンク

『せいせいするほど、愛してる』のあらすじ

仕事で出張中の、主人公の栗原未亜。交際中の彼氏、山下陽太から貰ったエンゲージリングを出先でなくしてしまいます。

しかし偶然、居合わせた男性のお陰で見つけだすことができました。

未亜はホッと胸をなでおろしますが、プロポーズされた際に、陽太から言われた「仕事を辞めてついて来て欲しい」が頭に引っ掛かり、申し出を断ろうと決心します。

出張から戻った未亜は、研修の一環で広報部に来た副社長の三好海里の顔を見て驚きます。
その副社長とは、出張先で一緒にエンゲージリングを探してくれた男性だったのです。

未亜は、彼の教育係として行動を共にすることになります。数々の困難に襲われながらも仕事に奮闘する未亜を、海里は時に厳しく、時に優しく見守ります。そんな海里に、未亜は心惹かれていきますが、ストーカーとなった陽太が現れ…

『せいせいするほど、愛してる』のキャストは?

ヒロイン・栗原未亜役 武井咲

仕事に奮闘し、ひたむきに恋愛を貫くヒロインは若い女性の共感を集めそうですが、武井咲さんはちょっと不安要素がありますね。

美しい女優さんですが、演技力に疑問の声もあります。

初挑戦となる、禁断の恋愛をどう見せてくれるのでしょうか?

副社長・三好海里役 滝沢秀明

滝沢さんは、大人の魅力あふれる男性という役柄はこれまであまりなかったので、楽しみです。

17年前、滝沢さんが主演したTBSドラマ『魔女の条件』は最高視聴率29.5%を記録しましたが、現在はネットで視聴する人も多く、視聴率をどのくらい獲得できるか気になります。

この他、松平健さん、トリンドル玲奈さん、歌舞伎界からは中村隼人さんなど、多彩なキャストがそろいます。

『せいせいするほど、愛してる』原作は?

「プチコミック」(小学館)に連載された、北川みゆきさんの漫画が原作です。

ドロドロな展開ではなく、清々しい一途な純愛の不倫で女性ファンの心をつかみ、キュンキュンさせました。

※原作結末は更新中です。

視聴率全話まとめ。あらすじとキャストのまとめ

『せいせいするほど、愛してる』視聴率の点では、やや不安があります。

アイドル・滝沢秀明さんなど多彩な出演者は楽しみですが、「キャストありき」で内容の薄いドラマは、今や時代遅れと言われています。

ただ、良質なドラマでも必ず高視聴率とならないのが、難しいところですね。

どのくらいの視聴率でスタートを切るのか、『せいせいするほど、愛してる』注目したいと思います!

このページでは放送開始後、視聴率やあらすじを全話更新していきます。

スポンサーリンク