R-1ぐらんぷりは出来レース?やらせ疑惑を検証!

R-1ぐらんぷり

○○ぐらんぷりや、○○トーナメントといったものには、やらせ疑惑がつきもの。

自分の予想が外れたり、あきらかに基準がおかしいなーと思うこともあります。

では、R-1ぐらんぷりはどうなのでしょうか?

検証してみました。


スポンサーリンク

R-1ぐらんぷり歴代優勝者まとめ

第1回大会「だいたひかる」

どうでもいいですよ。って言うかだいたさんがそんな状態になってしまってます。

結婚してからあまり見なくなりましたね。

第2回大会「浅越ゴエ」

いい声してますね。最近は見ないですね。

第3回大会「ほっしゃん」

すべらない話は結構好きでした。

ツイッター事件近辺から見ないですね。

目の療養中でしょうか。

第4回大会「博多華丸」

ピンでも大吉さんとのコンビでも面白い。

唯一売れてます。

第5回大会・第6回大会「なだぎ武」

唯一の連覇した芸人ですが、友近と付き合ってた時は結構出てたんですけどね。最近は見ないですね。

第7回大会「中山功太」

2015年歌ネタ王で優勝してますが、それ以外は…ですね。

優勝後に東京進出に失敗したからかな?

第8回大会「あべこうじ」

元モー娘の高橋愛と結婚できただけでも幸せでしょうか?

第9回大会「佐久間一行」

今、何やってるんですかね?ついてこーいって、ついていけないね。

第10回大会「COWCOW多田」

当たり前体操は流行ましたね。

微妙に売れてるのかな。

第11回大会「三浦マイルド」

優勝後に何か出てましたっけ?っていうくらい出てこないですが、大阪では活動しているみたいですね。

第12回大会「やまもとまさみ」

どこいっちゃったかな?

一昨年の優勝者なのに…

第13回大会「じゅんいちダビットソン」

ミラノでのびしろ見つかったんでしょうかね?

そこそこメディアには出てますね。

スポンサーリンク

なぜ、出来レース・やらせ疑惑が出てしまうのか?

基本的によしもとが優勝する流れになっているのが出来レース・やらせ疑惑が広まってしまう大きな理由の一つかと思います。

スギちゃんや厚切りジェイソンのように優勝者よりも決勝進出者くらいの方が売れるという流れがありますが、これも結局のところ、優勝する人は出来レースで決まっているため、会場を一番盛り上げた人やテレビを見てる人がおもしろいと思った人が優勝していないというだけなのでは?と思ってしまいます。

検索関連ワードに「R-1ぐらんぷり つまらない」などと不名誉な組み合わせが出てきてしまうのも視聴者の多くがおもしろいと思った人が優勝していないというのが大きな理由なのではないでしょうか?

他にもありそうなやらせ疑惑

まずは審査員の審査基準がネタ以外の所にあるのではないか?と思う所がありますね。

完全にウケてるのに点数低いとか。

全体のバランスもあるんでしょうが、不自然に加点されている出場者がいるように視聴者は思ってしまうことが多いです。

こういう見解は芸人さんのTwitterなどでもチラホラと出てきますよね。

過去の大会を振り返るとバカリズムさんとか、厚切りジェイソンさんとか面白かったのに負けましたからね。

また、以前は東洋水産、今回の大会はCygamesがスポンサーについて放送をしているわけですが、結局のところビジネスなので、ある程度視聴率を取らないといけない訳です。

しかし、ピン芸人というのはなかなかブレイクしづらいので、実力だけで決勝進出者を決めてしまうと地味な面子になりがちなんですよね。

それを解消するために視聴率がとれそうな芸人さん、つまりは人気があって、R-1以外の仕事も忙しい=ネタを作り込みきれない芸人さんが決勝に出てくるんですよね。

R-1ぐらんぷり2016にもいます…よね?

まとめ

しかし出場者は一生懸命頑張っているので、出来レースや、やらせということは気にせずに応援したいですね。

R-1ぐらんぷり2016は誰がどう見ても優勝!という人が出てきてほしいですね。

スポンサーリンク