西野カナ『トリセツ』の歌詞を同世代男子目線で分析!

西野カナ『トリセツ』の歌詞を同世代男子目線で分析!

西野カナの最近の曲で特に大ヒットを記録した歌といえば間違いなく『トリセツ』だろう。

この曲は女の子が自分の性格や特徴をまとめたものを取扱説明書に表し伝えているという曲である。

今回はこの曲に対し世間の男子はどう思うのかをまとめてみた。


スポンサーリンク

この度はこんな私を…

曲の始まりは「この度はこんな私を選んでくれてどうもありがとう」という感謝のお言葉から始まる。

そして「ご使用の前にこの取扱説明書よく読んでずっと優しく扱ってね」という言葉が続く。

このような文章を見ていると最近流行っている婚前契約書という結婚時の正式なお互いの契約内容を記すサービスを連想してしまうが、おそらくこの歌詞はそれとは関係ないのだろう。

この部分に関しては男子がどう思うかというとちょっとしたサプライズ感と少しジョーク交じりの歌詞にとても共感出来る。

また、感謝の言葉から始まるというところが意外と少し怖かったりする。

それは女の子はきついお願いをするときはいつも優しく感謝の言葉を先にいうということを知っているからだろう。

スポンサーリンク

涙で濡れてしまっても…

この「涙で濡れてしまっても」という部分は泣いてしまった場合の対処を記している部分なのだが、この部分に関しては同年代男子は正直めんどくさいなという気持ちがある。

良く泣く女の子はいつも泣いていたりするので序盤にめんどくさいなと感じることが多く、あまり泣かない女の子はいつまでもずっと泣かない場合が多く、男性は意外とあまり泣かない女の子が少し暗い顔をしている時の方がギュと抱きしめる気持ちになるというのは以外と知られていない事実だろう。

これからもどうぞよろしくね!

最後の部分には「これからもどうぞよろしくね」という歌詞と「永久保証の私だから」という歌詞があるが、同世代男子は永久保証はわかるけど、その保証内容はどんなものなのかが気になるところだ。

「何を永久保証してくれるんだ?」という疑問を持つのは少し意地悪なのだろうか?

また、「できれば返品する際に代替品を送ってくれると嬉しいな」というゲスい考えを持ってしまう男子もいるかもしれない。

まとめ

今回は西野カナの「トリセツ」の歌詞に関して同世代男子がどのような思いを抱くかをご紹介した。

女子の思っていたものとは大きくかけ離れた感情を男子はこの歌詞に対し抱いている。

また、男子がこの歌を聴いて最後に思うのは「男子のトリセツも作ってくれないかな」という気持ちだろう。

EXILEが歌うのか星野源が歌うのかで全く違う歌になりそうではあるが…

ちなみに西野カナの『トリセツ』を男性がカバーしている曲が動画サイトなどに上がっているが、それが「案外良い!」という評価も多い。

結局のところ、良い曲だということは間違いないようだ。

スポンサーリンク