辱(にく/作:窪茶)2話の感想。あらすじとネタバレも。

160113-01

マンガワンで今最も注目を集めているマンガ、辱(にく/作:窪茶)の2話が3/11に公開されました。

早速読んでみました!


スポンサーリンク

辱の人気は?

衝撃的?な内容で公開から数日で0話を自主規制し、話題になった『辱』ですが騒動から2ヶ月経った現在の人気はどうなんでしょうか?

Evernote Camera Roll 20160311 013604

 

2話が公開初日ということで堂々のデイリーランキング1位ですね。

お気に入り数は他のマンガワン代表作に比べると若干少ない印象ですが、投票数はかなり多いですね。

読む人は選ぶけど、支持者は多いということみたいですね。

スポンサーリンク

辱2話のあらすじ(ネタバレあり)

謎の村の立派な家で公平・竜司・郷田の3人が食事などおもてなしをしてもらっているシーンから始まります。

公平は村に女性しかいないことや家や女性たちの服装などが妙に古風なことがなんか妙だなと思っているが、他の2人は気にもせず食事を満喫。

その食事に入っている肉はとても美味しいけど、不思議な味。なにやらこの村の「特産」とのこと。

食事も一段落したところでトイレに立ち上がった竜司を案内するお姉さん(キャラ名不明)。

蔵に連れて行かれ、そこであんなことやこんなことをしてると不穏な影が…というお決まりの展開。

その後、0話と重なるようなシーンを公平が夢で見て、うなされて起きたらお姉さんが「竜司くんがいなくなっちゃったのよ…」と部屋に入ってくる。

公平はさっき見たのは現実なのでは…と恐怖を感じつつ竜司を探し始めるというところで2話は終わります。

辱2話の感想

まず、1ヶ月でこれしか進まないというのはなかなか辛いですね。(全22ページ。)

これは作品の問題というよりもマンガワンの掲載ペースの問題ですけどね。

週1は作家さんのペース的に厳しくても、WEBマンガなんだからせめて隔週でリリースはしてほしいところ。

内容に関してはまぁ良くある展開ですね。

0話である段階でのオチは見えている訳ですし、そこまでの穴埋めをしているような流れ。

1ヶ月待ってこれだけかぁという印象ですね。まぁ3話もなんだかんだで楽しみにしちゃってる自分がいますが。

1話の時にも書きましたが、女の子を可愛く書くのが上手い作者さんですし、今回はセクシーショットもあったので、そこの引きは強いですね。

なんにしても0話の先の展開に進まないと何が起きても「0話に繋がる過程だよね。で?」みたいな気分はずっと続いてしまうので、早いところストーリーを進めていただきたいですね。

ちなみに3話は4/8(金)公開とのこと。

今日は1時頃に開いたら既に公開されていたので、日付変更と同時に公開かな。

あー、1ヶ月長いなぁ。

スポンサーリンク