2016年ブレイク!森川葵とディーン・フジオカの意外な接点

morikawa_dean

朝ドラの「五代様」で一躍時の人となったディーン・フジオカと現在放送中の月9ドラマ『いつ恋』で注目を集めている森川葵が共演していたことをご存知でしたか?

今回は二人のブレイクで逆輸入となった現在公開中の映画『NINJA THE MONSTER』と、逆輸入のきっかけを作った二人の紹介をしたいと思います。


スポンサーリンク

モデル出身?疑ってしまうほどの演技力!森川葵

2010年に、ファッション雑誌「Seventeen」のオーディションでデビューをはたし、現在20歳の彼女。

現在もモデルと女優の兼業という形になっていますが、2012年に女優として活動を始めて以降、女優としての演技力の高さ、加えて役柄によって髪型まで変えてしまう役への入り込みで注目を集めています。

主演映画『チョコリエッタ』では坊主に、ドラマ『表参道高校合唱部』ではショートに少し天然パーマ気味の髪型に、ドラマ『ごめんね青春』では清楚なボブカットにと、役柄に合わせて髪型を変幻自在に変化させています。

演技力の高さについては、バラエティ番組『痛快TVスカッとジャパン』でいじめっ子を演じた次の週に、生徒会長に立候補するも、悪役に追い詰められていくまじめな娘を演じ、司会を務める内村光良も「顔がこんなにも違います。女優って不思議ね」と絶賛するほどです。

スポンサーリンク

朝ドラで一躍時の人に!ディーン・フジオカ

現在の日本で彼のことを知らない人はいないといっても過言ではないほど、注目を集めているディーン・フジオカ。

現在放送中の連ドラ『ダメな私に恋してください』でも、「五代様」とは違ったイケメンぶりを演じ、主演の深田恭子とともにますますその人気を高めています。

彼が活動拠点を台湾に移したのは2005年。そこから徐々に人気を集め台湾では有名な実力派俳優だったのは有名な話です。

語学も堪能、音楽のセンスも有し、眉目秀麗。

日本のファンが彼の出演作品をもっとみたいという気持ちになり、今回の逆輸入となった映画

『NINJA THE MONSTER』が日本で公開されることとなったのは必然だったのかもしれません。

二人の起用を決めた監督落合賢もすごい!映画のあらすじも紹介!

2年前の作品でこの2人を起用し、自身の先見の明を示した監督こそが落合賢です。

戦国の世が終わり、「忍び」が存在しないと思われていた時代。

ディーン・フジオカ演じる伝蔵は、忍者であることを隠しながら、得体のしれないもののけから森川葵演じる幸姫を守り江戸を目指す物語。

ディーン・フジオカがやりたかったというアクションを、落合監督が盛り込んでくれたと本人が話しており、ファンなら見逃せない作品となっています。

落合監督が、2人のここまでのブレイクを予想していたのかどうかは定かではありませんが、監督としての実力は、国内外で多く評価されています。

「5万回斬られた男」の異名をもつ斬られ役俳優「福本清三」を主演に抜擢した映画『太秦ライムライト』などが有名です。 監督としてさまざまな映画賞を受賞している落合監督ですが、実はまだ32歳。

今回公開の映画『NINJA THE MONSTER』で注目を集め、さらなる活躍に期待がかかります。

まとめ

最後に注意しなければならないのは、今回紹介の映画『NINJA THE MONSTER』は公開期間が非常に短いという点です!

また上映される劇場も限定されており、まずは一度公式サイトで確認をしてからの観賞がオススメです。

スポンサーリンク