『営業部長 吉良奈津子』3話の感想!低視聴率で打ち切りの噂も

2016_summer

『家政婦のミタ』などで、高視聴率女優と呼ばれた松嶋菜々子さんの主演ドラマ『営業部長吉良奈津子』ですが、2話の視聴率は7.7%と初回の回の10.2%から大きく落ちこんで、1ケタ台になってしまいました。

早くも打ち切りが心配になってしまいますが、まずは3話のあらすじから見てみましょう!

スポンサーリンク

営業部長 吉良奈津子3話のあらすじとネタバレ!

 吉良奈津子(松嶋菜々子)のスタンドプレーに、営業一筋の米田利雄(板尾創路)の不満が噴出。ノルマを達成しなければ上に直訴もできないと嘆く中、川原義雄(岡田義徳)が年間30億円という大型出稿を取りつけられそうだという。そこに出社した奈津子は米田とともに斎藤良一(石丸幹二)に報告するが、その場で米田から、この件に奈津子は介入しないで欲しいと言われてしまう。落ち込んだ奈津子が高木啓介(松田龍平)にグチをこぼすと、部下に信頼されていないのだろう、と皮肉られる。

 意気込んだ米田は、川原、丸尾裕人(白洲 迅)を連れ、クライアントの「パブリックエア」へと出向き、宣伝課長の吉村節子(加藤貴子)と面会。米田が節子に感謝を示すと、節子は川原の熱意に押されたのだ、と返した。川原はそんな節子の目線を、微妙にそらした。
 その日の夜、奈津子が小山浩太郎(原田泰造)と話していると、斎藤から呼び出される。電話では言えないという話は、節子が川原を強制わいせつ罪で訴えようとしているというものだった。
 翌朝、奈津子に呼ばれた川原は、営業を重ねるうち、節子が自分に好意を抱くのを感じるようになっていた、と説明した。
 別の日、接待で遅くなることが決まった奈津子は、坂部深雪(伊藤歩)にベビーシッターの依頼をするが、先約があると断られる。仕方がなく浩太郎に頼み、浩太郎は引き受けるが、奈津子が母親としての仕事をちゃんとやる、と約束した矢先だったため、不満を感じる。接待のことで頭がいっぱいの奈津子は、そんな夫のイライラに気づかず…。           公式サイトより

スポンサーリンク

営業部長 吉良奈津子3話のみどころ!

米田副部長は、2話では他部署と競合する案件を強引に進める奈津子に大反対していましたが、米田副部長のほうがよほど常識的に見えてしまいましたね。

松田龍平さんは松嶋菜々子さんと初共演で話題になっていましたが、松田さん演じるクリエイティブディレクター高木の出演シーンは意外に少なく、奈津子の愚痴ばかり聞いてやっているような気もします。

営業VSクリエイティブのお仕事バトルを期待していましたが、今のままでは松田さんの無駄遣い、せっかくのキャストがもったいない、と思ってしまいます。

奈津子の今までの行動を振り返ると、仕事中に保育園が連絡があればすぐに帰ったり、かと思えば自分の好きなクリエイティブの仕事のためには深夜残業したり、要するにやりたいことを優先しているようです。

これでは「育児と仕事の両立に奮闘するワーキングママ」を期待した視聴者が共感できず、厳しい評価をされるのは当然で、低視聴率も無理ありませんね。

3話は、夫・浩太郎にベビーシッターの深雪が急接近するようですが、不倫ドラマでも始まるのでしょうか。

展開はますます迷走しそうですが、月9ドラマ『好きな人がいること』も打ち切りがささやかれており、フジテレビの安易なドラマ作りが見えてきたような気がします。

営業部長 吉良奈津子3話の感想!低視聴率で打ち切りの噂も

『営業部長吉良奈津子』3話の感想ですが、バブル期そのままのドラマで、まるでコントを見ているようでした。

今どきの広告代理店も、あんな接待をするんですね、接待相手はあまり楽しそうではありませんでしたが。

クリエイティブディレクター高木が白馬の王子様のように登場し、手つなぎ胸キュンという少女漫画のような展開は笑いましたが、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞の松田龍平さんが、もったいないですね。

ベビーシッター深雪の急接近も大昔のメロドラマのようで、演じる伊藤歩さんは達者な女優さんなのに、やはりキャストの無駄遣いと思ってしまいます。

ラストで奈津子はやる気を出して決意表明しますが、もともと仕事の大変さや面白さが具体的に描かれていないので、視聴者は置いてきぼりです。

育児のほうも、壮太(高橋幸之介くん)は手がかからず、夫・浩太郎も一応は協力的なので、奈津子が奮闘しているようには見えません。

仕事も育児も中途半端にしか描かれていないこのドラマ、いったい誰に向けて制作されているのでしょうか。

松嶋菜々子さんはおきれいですが汚れ役ができない女優さんなので、「奮闘するワーキングママ」はもともと無理だったのに、松嶋さんに合わせてシナリオが描かれたため、中途半端になってしまったのか… と思ってしまいました。

主演が決定した時、松嶋菜々子さんがキャストやシナリオにかなりリクエストを出したという噂もありますが、真偽は定かではありません。

ネットでも「時代錯誤」「突っ込みどころ満載」と厳しい評価をされ、打ち切りも噂になっていますが、3話の視聴率は回復できるのか、発表され次第お知らせします!

スポンサーリンク