最新作『君の名は。』公開間近!新海誠監督作品一覧とおすすめ

kiminonaha

今年の夏は何を見に行こう?

そんな方にオススメの映画があります。

それは映画『君の名は』です! まず、タイトルからして興味を引きますよね!

今回はそんな今作を新海監督の紹介もしつつご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

新海誠最新作『君の名は』あらすじ

今作のあらすじを少しだけ紹介していこうと思います。

都会に大きな憧れを抱く三葉(白石萌音)は山奥の小さな田舎町に住む女子高生。

三葉の父は町の町長をしており、風習などにうるさい。

そんな田舎特有の煩わしさに嫌気がさしているミツバでしたが、ある時不意に都会で男子高校生として暮らす夢を見ます。

それと同時に東京で暮らし、

都会の暮らしに嫌気がさしている男子高校生の立花朧(神木隆之介)は田舎で女子高校生として暮らす夢を見ます。

二人は同時にお互いの生活をしている夢を見たのです。

この時、偶然、千年ぶりに彗星の来訪が迫っている時でした。

この不思議な出来事から奇跡のストーリーの幕が開けます。

スポンサーリンク

新海誠監督の作品一覧

今作は新海誠監督がメガホンを取られたのですが、この監督を皆さんはしていますか?

知らないという人が多いと思うので、新海誠(しんかいまこと)監督について少しご紹介しておきますね。

新海監督は少年と少女の恋愛を題材とした作品が得意で多くの作品を世に出してきました。

代表的なところで言えば『秒速5センチメートル』や『ほしのこえ』『雲の向こう、約束の場所』『星を追う子ども』『言葉の庭』などです。

聞いたことがある作品があるのではないでしょうか?

また、新海監督はイラストレーターとしての一面も持ち、マルチに活動している監督ですね。

そんな新海監督は現在、43歳です。一番脂の乗っている時期という感じですね。

『君の名は』の見どころ

ではここからはこの作品の見どころをご紹介していこうと思います。

まず、一番の見どころは間違い無く、あったこともない遠く離れた人になった夢を見たシーンでしょうね。

あったこともない人になった夢を見るだけで無く、

相手も自分になっている夢を見ているという摩訶不思議状態を経験したことがある人などほとんどいないと思うのですが、

もし、そのようなことになったならあなたならどうしますか?

ほとんどの人が、その相手を探してしまうのではないでしょうか?

あって何を話すかは決めてないけれどとりあえず、会ってみたいと思いますよね。

この作品の主人公はどうしたのでしょうか?

答えは作品を劇場に見に行けば、そこにあります。

まとめ

この作品はまさに不思議系恋愛モノという感じですね。

なぜ?何で?という疑問を持った時、人はそれを解明しようとします。

そして多くの妄想を頭の中で繰り広げますよね。

そしてほとんどの人は自分に都合のいい妄想をしてしまうのではないでしょうか?

果たしてこの作品では主人公たちはどのような妄想をし、行動をするのか?

気になる人は劇場へ!

スポンサーリンク