川島海荷が消えた理由は清水富美加?現在の活動を調査!

kawashimaumika

一時期人気急上昇だった川島海荷を最近見なくなった。

これは芸能界の業界用語でいうと干されたというのだが、川島海荷が干された理由には清水富美加が大きく関わっているというのだ!

これはどういうことなのか?

また、現在は芸能界でどのような活動を行っているのだろうか?

今回はその答えをご紹介しようと思う!


スポンサーリンク

川島海荷の基本情報

ではまずは川島海荷の略歴からご紹介しようと思う!

彼女は1994年生まれの21歳である。

彼女はとても落ち着いているのでもっと年齢が上だと思っていた人は多いのではないだろうか。出身地は埼玉県新座市である。

身長は154センチと非常に小柄な女の子である。

現在の芸能界では主に女優と歌手活動をしている。

所属事務所はレプロエンターテイメントである。

彼女の主な出演作としては映画だと『Life 天国で君に会えたら』『星守る犬』などがあり、ドラマだと『ブラッディマンディ』『アイシテル』『怪物くん』『華和家の四姉妹』などがある。

どれも人気作であり、当時の彼女の人気と女優としての才能と実力をよく表している。

また、彼女は『川島海荷のUMICAFE』というラジオをしており、マルチな活動をしている。またアイドル活動もやっており『9nine』のメンバーである。

ちなみに川島海荷の海荷という珍しい芸名は本名から来ており父方の祖母が海が非常に好きで女の子の名前には『海』という時をつけたいという思いから家族全員の女性の名前には『海』という字がついている。

そして『荷』という字には蓮の花を意味しており、そこには「泥の中でも咲く蓮の花のような強い女性になってほしい」という深い願いが込められている。

スポンサーリンク

川島海荷、芸能活動の始まりと絶頂期

彼女は2005年9月に渋谷でスカウトされ現在の芸能事務所に入っている。この時彼女は小学6年生である。

初仕事は立川伊勢丹の広告である。

ドラマでの初の出演作品は『誰よりもママを愛す』であり、この作品に子役として出演したことが彼女の女優人生の始まりである!

その後の2006年の1月にアイドル活動を開始している。

このアイドルグループの名称が『9nine』である。このグループでCDデビューも果たしている。

その後、多くの人気作品に女優として出演を果たし2009年には初主演を務めた『携帯彼氏』が大きな話題を呼んだ。

そして『第88回全国高校サッカー選手権大会』の5代目応援マネージャーに就任している。

まさにこの時期が彼女の芸能活動の絶頂期だったのだろう。

川島海荷が消えた理由

ではこれだけの大きな人気を誇った彼女がなぜ芸能界から干されたのか?

順調すぎるほど順調だった彼女の芸能活動生活、そんな彼女に何が起こったのかをここでご紹介しよう。

彼女の干された理由はいくつかあるがおそらく一番の理由は見た目の子供っぽさだろう。

年齢の若い子に求められる見た目と成人してから求められる。見た目の需要の変化に彼女の容姿がついてこなかったということだろう。

年齢が上がるにつれ、女優としては妖艶さやミステリアスといった需要が特に増えてくる。

だが、彼女は年齢を重ねても見た目が子供っぽくドラマや映画で使いづらいといったことが出てくる。

わかりやすく例を出すならば単純に濡れ場で使いづらいのだ。

子供っぽい女優に濡れ場をさせてしまうと少女に対する行為と取れるため、多くの団体からの抗議が制作サイドに苦情として入る。制作サイドとしてはそんなリスクを取るようなことはしたくない。

ということで見た目の子供っぽい川島海荷の仕事は激減したのだ!

そこで所属事務所が川島海荷に変わり猛プッシュしたのが清水富美加である!

そして事務所の期待以上に清水富美加が大きな評判を呼んだ。

このことが川島海荷の需要を無くした決定的な出来事だろう。

まとめ

今回は川島海荷が消えた理由について詳しくご説明させていただいた。

彼女が干された理由はその子供っぽい見た目が大きな理由であり、本人の態度などではないのでこれからもう一度大ブレイクすることもあり得るだろう。

もし、大ブレイクするとしたら次は女優としてではなくアイドル活動の方が可能性は高いと思われる!

これから彼女のアイドル活動を全力で応援して行きたい!

スポンサーリンク