星野源はなぜモテる?音楽・演技・日常、色々調べてみた!

hoshinogen-2

昨年末に紅白歌合戦に出場をはたしたことで、ますます注目を集める星野源。

彼の魅力は一体なんなのか?

音楽業界だけにその名前が納まらない、星野源の魅力について今回は紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク

星野源がモテる1番の理由、音楽活動!

星野源を最も有名にしている音楽活動ですが、昨年の紅白出場に至るまで苦節15年の歴史があったことをみなさんはご存知でしたか?

「SAKEROCK」というバンドのリーダーとして2000年に活動を開始していました。

2015年に解散をしたのですが、トロンボーンにはハマケンこと浜野謙太も所属していました。

星野源とハマケンが音楽活動以外の部分での知名度が上がることで、バンドの名前も広がっていきましたが、インストバンドということもあり、「知る人ぞ知る」という人気の枠を飛び出せなかったというのが、正直なところでしょう。

その間に役者業や文筆業もスタートしているのですが、音楽家としての転機はソロデビューをはたした2010年でした。

そこでブレイク寸前のところまで駆け上がるのですが、くも膜下出血という大病を患い2012~2013年の大半を活動休止します。

この時のことを振り返って「休んでいるときに音楽番組を観てカッコいい、面白い、もう一度あっち側にいきたいと感じたし音楽の作り方も変わった(以下略)」としています。

災い転じて福となす。現在の大ブレイクにはこの経験があったからこそなのかもしれません。

LAST LIVE “ARIGATO!" [Blu-ray]

スポンサーリンク

俳優としてもブレイクでモテる!さらに…!

綾野剛主演のTBSドラマ「コウノドリ」で四宮春樹を演じるなど、俳優・星野源としての才能も際立つものがあります。

2013年に活動を再開してから主演した映画「箱入り息子の恋」や「地獄でなぜ悪い」で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しているのですから、その高い演技力は疑いようもありません。

これまでの説明を聞くと、彼は俳優としてもアーティストとしても才能があり素晴らしいと思うでしょう。

ところがそれだけではないんです。彼のMVを視聴していただくと理解してもらえると思いますが、映像クリエイターとしての才能もあるんです。

自身で演出し、登場し、そして音楽を届ける。マルチ過ぎる才能を持ち合わせている星野源に出来ないことはないのではと思ってしまうほどです。

それゃモテる訳です…

星野源、これだけ出来てモテないほうがおかしい!

ルックスも文句なし!

魅力的な才能にあふれている!

そしてトークも面白い!

これだけの要素を持ち合わせている星野源、モテる理由しかありません。

彼が出版したエッセイの中にこんな言葉があります。

「確かに、自分のことばかり考えている人より、人をあっさり思いやれるような人のほうが魅力的に見える」

考え方までイケメンとは、女性なら大方の人が惚れてしまうのではないでしょうか?

その一方で同じエッセイには「だって現実的に考えたら(中略)別方向に逃げる二匹のうさぎを一人で捕まえるなんていうのも現実的に考えたら無理な話だけど、それをなんとか二匹とも捕まえられちゃったら本当にすごいじゃないか」という考えを持っていたり。

そんなところが彼の騒がれているスキャンダルの要因だったりするわけなのでしょうが、そこに惹かれる方も多いのでしょう。

そして生活はつづく (文春文庫)

まとめ

まだまだブレイク真っ最中の星野源ですが、引用させてもらったエッセイ「そして生活はつづく」も素晴らしかったです。

文筆業も音楽業も俳優業も絶好調のモテ男 星野源から、男性の私も目が離せませんね。

スポンサーリンク