HOPEネタバレ!最終回で中島裕翔(一ノ瀬歩)どうなる?原作結末も

hope

『HOPE~期待ゼロの新入社員~』は、2016年7月からスタートするフジテレビの日曜夜9時のドラマです。

Hey!Say!JUMPの中島裕翔さんが主演することで注目されていますが、韓国の大ヒットドラマ『ミセン―未生—』のリメイクということでも話題になっています。

原作の『ミセン―未生—』とはどんなドラマなのか、ストーリーやキャストを日本版と比較しながらまとめてみました。そして気になる結末もご紹介します!

スポンサーリンク

社会現象になった『ミセン―未生—』

ドラマ『ミセン―未生—』はもともと韓国のWEB漫画が原作でしたが、ケーブルテレビで放送されると、視聴率はケーブルテレビでは異例の10.3%を記録し、ケーブルテレビ視聴率歴代2位の大ヒットドラマとなりました。

また、「韓国のエミー賞」百想芸術大賞など、2014年度の数々のドラマ賞を獲得して、”ミセンシンドローム”と呼ばれる社会現象まで巻き起こしました。

非正規社員、出世競争、パワハラ、社内不正など社会問題を取り上げ、奮闘するサラリーマンの現実をリアルに描いたため、多くの人が共感し、大ヒットしたのです。

スポンサーリンク

『ミセン―未生—』のあらすじ、『HOPE~期待ゼロの新入社員~』との違いは?

ここで、原作ドラマ『ミセン―未生—』のあらすじをご紹介しましょう。

主人公グレは幼い頃から囲碁棋士を目指していましたが、父の他界をきっかけに夢をあきらめ、大手総合商社にインターンとして入社しますが、満足な学歴や社会人経験もないため苦戦します…。

基本的なあらすじは『HOPE~期待ゼロの新入社員~』と変わらないようですが、韓国ならではの事情もあります。

子供のころから囲碁にすべてをかけていたグレは、高卒認定試験に合格しただけで、大学には行っていません。

韓国はきびしい学歴社会なので、グレの学歴ではいくらがんばっても正社員への道は初めから閉ざされていますし、エリートばかり集まる総合商社ではコネ社員と馬鹿にされます。

『HOPE~期待ゼロの新入社員~』でも中島裕翔さん演じる主人公・一之瀬歩は高卒ですが、日本版では、学歴格差はどのように描かれるのでしょうか?

『ミセン―未生—』のキャスト、『HOPE~期待ゼロの新入社員~』との違いは?

『ミセン―未生—』のヒットの理由は、魅力的な登場人物を、旬な俳優からベテラン勢まで、実力派の俳優たちが演じたことにもありました。

『ミセン―未生—』の主人公グレを演じるイム・シワンは韓国のアイドルグループZE:Aのメンバーですが、ドラマ・映画に多く出演し、「演技ドル」と呼ばれています。

『HOPE~期待ゼロの新入社員~』の主演・中島裕翔さんもジャニーズアイドルとして活躍しながら、『半沢直樹』の銀行員役など、硬派な演技が注目されているので、期待できますね。

主人公を支える上司役は、韓国版ではイ・ソンミンが演じていますが、スタッフが出演を熱望したという超ベテラン俳優で、不器用ながら優しい上司が、人気を呼びました。

日本版では、強面の遠藤憲一さんが演じますが、愛情深い父親役なども好演される演技派俳優なので、とても楽しみです。

男性社会の中で奮闘する、紅一点の同期を韓国版で演じたカン・ソラは、役作りのためにOL生活を実体験したそうですが、日本版の山本美月さんは、どんな「デキるOL」を演じのか、注目しましょう。

『ミセン―未生—』の結末は?『HOPE~期待ゼロの新入社員~』最終回はどうなる?

学歴も経験もない主人公が、競争社会を生き抜く物語となれば、痛快なサクセスストーリーになりそうですが、『ミセン―未生—』の結末は違いました。

主人公グレは努力や実績が認められ、正社員に推薦されますが、結果は不採用となり、新しい道を歩きはじめます。

『HOPE~期待ゼロの新入社員~』はあまり重い結末にならないで、タイトル通り、明るいハッピーエンドを期待したいのですが、果たしてどうなるのでしょうか?

スポンサーリンク