『早子先生』打ち切り最終回の視聴率は?感想と結末ネタバレも。

hayakosensei

2016年春ドラマは、作品のおもしろさよりも低視聴率が話題に上ることが多いという非常に残念な状況となっています。

そんな低視聴率ドラマの筆頭といえばフジテレビ木曜22時のドラマ『早子先生、結婚するって本当ですか?』。

当初は10話完結予定でしたが、打ち切りが決定し、9話が最終回となってしまいました。

そんな『早子先生、結婚するって本当ですか?』最終回の視聴率や感想、結末ネタバレを紹介します!

スポンサーリンク

『早子先生、結婚するって本当ですか?』低視聴率の原因は?

2016年春のフジテレビは月9『ラヴソング』、日9『OUR HOUSE』も大コケしており、夏の27時間テレビの放送中止という突飛な噂も流れるくらい散々な状況となっていますね。

『早子先生』もそんなフジテレビの向かい風をもろに受けたというフォローをしたいところですが、厳しい目で見れば「なぜその設定とキャストで視聴率取れると思ったの?」といったところでしょうか。

作品のテーマとしては20台後半〜40台の女性がメインターゲットだったと思うのですが、その層を惹きつけられる男性キャストが誰もいないという時点で視聴率獲得の武器をひとつ捨ててますからね。

また、教師という、共感できる人が少ない職場設定というのも視聴者が感情移入しづらく低視聴率の原因になったと思われます。

あとは、松下奈緒さんの気だるい感じのナレーションが何を狙っているかもイマイチ分からず、なんだかどんよりした気分にしかならないというのもしんどかったですね…

さらに極めつけは松下奈緒さん、貫地谷しほりさん、佐藤仁美さんといった、主な支持層が明確でない女優陣がメインキャストという時点で、どう考えても視聴率は取れなかったでしょう。

現場にいるとこういった当たり前の感覚も無くなってしまうものなのでしょうか?

スポンサーリンク

『早子先生、結婚するって本当ですか?』最終回の視聴率は?

『早子先生』の8話までの平均視聴率は5.6%となっており、最高視聴率は初回に記録した6.8%と打ち切りとなるだけあって、非常に残念な数字です。

ただ、3話で記録した4.9%を底に少しずつではありますが、上昇しつつ最終回を迎えましたし、良いことではないのですが、打ち切りで話題にはなっているので、最終回は平均視聴率5.6%は超えられるのではないでしょうか?

『早子先生、結婚するって本当ですか?』最終回の視聴率は6.5%前後と予想します!

早子先生 最終回の感想と結末ネタバレまとめ

Twitterでは『早子先生』最終回は思っていたよりも良い反応が多かったです!

ただ、結末については「えっ?ココで終わり?」「完結編、放送して欲しい!」といった意見も結構出てましたね。

打ち切りの影響も考えられますが、当初からラストは視聴者の想像の余地を残す形を想定していたのでは?と私は思いましたが、いかがでしょうか?

スポンサーリンク