『ゴジラ対エヴァンゲリオン』本当に公開される?ネタ?調べてみた!

godzilla

時代を超えた化け物が一騎打ち!

今回はそんな作品をご紹介していこうと思います。

作品名は『ゴジラ対エヴァンゲリオン』です。こんな作品が本当に公開されるのでしょうか?

今、ネットで話題の本作について調べてみました!


スポンサーリンク

『ゴジラ対エヴァンゲリオン』は本当に公開される?

この話はエイプリルフールの時期に発表されたため、

当初はエイプリルフールのネタの一つと言われていましたが、どうやら本当に庵野秀明監督が制作されるようです。

この話題はとにかく2ch(日本の掲示板)で話題になり、多くのファンや知識人が議論していました。

この二つの作品は丁度、父親と息子の青春時代の代表作という感じがしますね。

息子と父親がともに映画を楽しむ機会を作りたくて!とか庵野秀明監督は雑誌で言いそうですね。

スポンサーリンク

ファンの中には批判的な意見も!

この作品が制作されることで、ゴジラファンとエヴァファンから大きな歓声が上がると思われていたのですが、そのような歓声はあまり聞かれていないようです。

その理由は「庵野!いいからエヴァの新作さっさと作れよ!」とこれに尽きるようです。

庵野秀明監督はエヴァの新作を作る作ると言っておきながら急に『ゴジラ対エヴァンゲリオン』を作ることを発表しましたのでファンの間では「期待していないけど早くしろ」という声が多く集まっています。

ゴジラとエヴァは、なぜ戦うの?

この疑問は誰しも持ちますよね。

同じ世界に二つの怪物がいるからって戦うとは限らないですし…

ですが、実際、ゴジラとエヴァの場合は『ゴジラ対エヴァ』という情報が入っているので戦うのでしょうが、そもそもエヴァは使徒にすら苦戦して忙しいのにゴジラの相手までしなければならないって相当ブラックな気がしますね。

しかもゴジラとは初めて戦うわけでマニュアルもないので、新入社員にいきなり企画を丸投げするどこかのブラック企業みたいですね。

シンジくんがエヴァに乗りたがらない理由も少しわかるような気もします。

まとめ

どうやら『ゴジラ対エヴァンゲリオン』の制作は本当のようですね。

ですが情報が少なすぎる上にガセの情報や信ぴょう性のない情報が多すぎて、まだ詳しいことはわからないという感じです。

一つ分かっていることはエヴァの新作の制作で忙しかったはずの庵野秀明がなぜか『ゴジラ対エヴァ』の制作のめちゃめちゃやる気を出しているということだけです。

この作品は二つの作品をどう融合させるのかや戦う理由という所が非常に重要になってきそうですね。

ゴジラが何もしていないのにエヴァがゴジラを潰しにいく訳にもいかないですからね。

ですが、これは予想なのですが、この作品は世界的な先進国同士の国際関係を表した作品になるような気がします。

例えばエヴァがアメリカでゴジラがロシアみたいな感じで!そこに戦う理由を強引につけて目の上のタンコブを潰すというストーリーも少し面白そうではありますよね。

とにもかくにも!庵野秀明監督には頑張ってほしいですね。

公開が楽しみです!

スポンサーリンク