阿部純子(吉永淳)『とと姉ちゃん』で人生をかけた復帰!

阿部純子(吉永淳)『とと姉ちゃん』で人生をかけた復帰!

今春放送の朝ドラ『とと姉ちゃん』で人生をかけた真価を問われる注目の女優が阿部純子です。

吉永淳という芸名で活動していた為、彼女の名前を初めて聞く方が多いでしょう。

今回は改名の経緯を含めて、今後の活躍に期待がかかる彼女を紹介したいと思います。


スポンサーリンク

阿部純子(吉永淳)のこれまでの経歴とまとめてみた!

小学生の時にスカウトされ、モデルとしてデビューしています。

中学生時代もモデルとして活躍され、女優としての活動は2010年公開の映画『リアル鬼ごっこ2』のヒロイン役からになります。

この映画のオーディションで監督の柴田一成に見込まれヒロイン役抜擢に至るのですが、当時17歳の彼女の芸名は「吉永淳」でした。

以降も映画とドラマに出演し、2012年のドラマ『理想の息子』に出演した際、彼女のブログのアクセスが22万件を超えるなど注目を集めました。

そして、2014年公開の映画『2つ目の窓』で主演を務め、第4回サハリン国際映画祭や、第29回高崎映画祭で女優として賞を受賞するのですが、この受賞をきっかけに活動を休止していたのです。

スポンサーリンク

力のなさを感じての活動休止!

なぜ映画賞を受賞するような女優が活動を急に休止したのか?

『2つ目の窓』が、カンヌ映画祭にノミネートされ参加した際に発言した、彼女のコメントを紹介させてもらいます。

「世界的に有名な女優さんが登壇されているのを見て、これは凄いなと感じました(中略)力不足を感じました。もっと飛びたいと思って、留学することを決めました」とのこと。

映画賞を受賞していても驕ることなく、向上心を求めている彼女の発言は、とても20歳の感想とは思えません。

そして、2014年8月に所属事務所を辞め、1年間ニューヨーク大学演劇科に演技を学びにいったのです。

帰国後は所属事務所をかつて所属していたディスカバリー・エンターテインメントからアミューズに変え、芸名を本名の「阿部純子」に改めたのです。

彼女はとても頭が良く、高校は大阪で1,2を争う進学校として有名な大阪府立北野高校で、大学も慶応義塾大学に在学しています。

頭脳明晰な彼女が、先見の明をもって感じた結果が、自身の実力不足。そして活動休止だったのかもしれません。

阿部純子、女優としての真価が問われる復帰朝ドラ!

そういった理由から、復帰第一作目、阿部純子として初出演となる作品。

朝ドラ『とと姉ちゃん』においての彼女の演技が注目されているのです。

留学したニューヨーク大学といえば、アンジェリーナ・ジョリーや、アン・ハサウェイ、さらにメグ・ライアンなど大物ハリウッド女優の出身校です。

留学前から女優としての実力を認められていた彼女が、留学先で何を学び、何を得て帰って来たのか。

とても日本という枠で納まりきらない雰囲気を感じさせる22歳に、これだけ注目し、期待してしまうことは当然なのかもしれません。

まとめ

ハリウッドの舞台で活躍している日本人はいますが、ハリウッドスターまで上り詰めた人物はこれまでいません。

彼女にそれだけの境地に辿り着いてほしいと思うのは期待のかけすぎかもしれませんが、今後の活動で素晴らしい女優になっていくことは間違いないでしょう。

スポンサーリンク