上流に戻りたい?再復帰を果たした矢口真里の過去と未来

160131-02

矢口真里さんが「また元のように上流に戻りたい」と言っています。

彼女は不倫をしたことで芸能界を一時休業していましたが、最近はまたバラエティ番組で復活していますね。

そんな矢口さんについてチェックしてみましょう。

画像引用:http://www.hello-online.org


スポンサーリンク

格差婚で話題をさらった絶頂期

結婚をしてから彼女は夫が仕事で家を留守にしている合間に男性を自宅へと連れ込み、ベッドルームに2人でいるところを帰宅した夫に見られてしまいましたね。

それまでは毎日のようにテレビ番組に出演しては、かなりの収入を得ていました。

収入の低い夫と、収入の高すぎる妻との結婚は「格差婚」とも呼ばれ、話題をさらっていました。

彼女は当時、年収が1億円以上とも言われていました。結婚をしてからもますますお仕事を頑張っていましたが、浮気が発覚し、奈落の底へと落ちていったわけです。

スポンサーリンク

「上流に戻りたい」発言に集まる批判

そんな彼女は1年ほどの休業を経て、近頃は深夜の番組で際どいトークをしては場を盛り上げていますね。

会社の社長に「上流に戻りたい」と意味あり気な話もしているようです。それを女医の西川史子さんが「無理よ」とその言葉をバッサリと否定しています。

確かに、いくら昔の話だからと言っても、結婚している身でありながら、夫の留守中に男を家の中に連れ込むなんて、やっぱり世間から見れば、「不潔」と思われても仕方ないわけです。それを昔の話だからと水に流そうとしても、なかなかその「軽率」な行動は人々の記憶からは消せませんね。

せっかく復帰したのに、またこんなこんなことを言っていれば、芸能界から干されそうです。

ちょっとズレた彼女はバッシングに強い

「上流に戻りたい」と強気な発言をしていますが、やっぱりちょっとズレているのかな?と思ってしまいますね。

そんな矢口さんに有吉弘行は「凄いからね、性欲が」とツッコミを入れていました。

少し童顔の彼女なだけに、その浮気という行動は本当に驚かされたものですが、最近はこういったいじられ方に視聴者も慣れてきているので慣れってスゴイですよね。

矢口さんがいなくなったバラエティ女王の座にここ数年座っていたベッキーさんが同じく男性とのスキャンダルで失脚。

バラエティで活躍する女性というのは男性・女性問わずに好感度が高いことが必須条件なので、異性とのいざこざが出るとそのギャップから一気に見離されてしまうんでしょう。

異性とのあれやこれやというのは人間として当然のことなのに辛いところですね…

まとめ

そんな矢口真里さんは、もしも自分の力で這い上がりたいのなら、歌に力を入れてはどうでしょうか?と思ったりします。

元々歌手として活躍していたのですから、そちらの方で腕を磨き、人々を魅了するような歌を披露すればいいのでは?

知識を身に付けて、クイズ番組などで活躍というのも新たなポジションを作れて良いかも?

 

スポンサーリンク