2016年甲子園、注目の高校球児たち

160130_02

高校生の3年というのは短いです。短いがゆえに、多くの高校生は青春を謳歌するのでしょう。

だからこそ、青春という憧れを打ち捨て、野球に全てを、甲子園という舞台に立つために全てを賭ける若者達がより輝いて見えるのです。

今回は中でも今年注目の球児達を紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク

平沼翔太の以上の逸材。敦賀気比右腕3年山崎颯一郎

昨年のドラフトで日本ハムファイターズに4位で入団した「平沼翔太選手」は、2015選抜優勝の立役者ということもあり、記憶に残る名選手だったと思います。

そんな彼でしたが、夏の甲子園では2回戦で花巻東高校に合わせて7回を自責点8という結果で敗退しています。

残りの2回を投げたのがこの山崎颯一郎選手です。内容は素晴らしく、平沼選手が抑えられなかった打線を失点0、奪三振4という、素晴らしい結果を残しました。

その彼が今年の高校野球で注目選手の一人となるのは当然でしょう。

188㎝80㎏と恵まれた体格から繰り出される直球は、最速144キロといえど落差と伸びがあり、2年生時からプロスカウトが熱い視線を送っていたほどです。

体作りの冬を終えて、さらなる進化を遂げた彼に大注目です!!

スポンサーリンク

リベンジに燃える癒し系、東海大甲府右腕3年菊池大輝

昨年の甲子園で、彼のインタビューに癒された方は多いでしょう。

ぽっちゃりとした体形に、愛くるしい顔をして笑う姿は、誰しもが愛さずにはいられなかったはずです。

2015年夏の甲子園で、早稲田実業の清宮幸太郎選手にホームランを献上するなどして敗戦したその日、最後のミーティングで大泣きした彼の姿は、リベンジする為に帰って来てくれると思わせてくれました。

183㎝83kgの体形から繰り出す、最速146キロの直球はさぞ重い球になっていたはずです。それでも清宮選手にスタンドまで運ばれた。

その悔しさをバネに成長をして、今年の甲子園に帰って来てくれることでしょう。

近年、東海大甲府の選手層は厚く、山梨ではここ5年で3回も夏の甲子園に出場しています。

今年は夏も愛くるしい彼の姿に加えて、成長した彼の力を真夏の甲子園で見られることは間違いないでしょう!

強豪ひしめく大阪で実力を見せつける!履正社左腕3年寺島成輝

大阪府というのは、夏の甲子園出場決定校が最も遅いといわれます。日程も絡んでいるのでしょうが、参加校が全国でTOP3に入るほど多いからです。

それだけでも過酷な道のりですが、大阪府というのは強豪がひしめく地区で、大阪桐蔭、PL学園、上宮太子、金光大阪、近大附属、昨年の大阪偕星、そして履正社とどの学校も他県なら…、といわれるレベルの高校ばかりです。

それだけチームの力が求められる大阪において、寺島は恵まれず、準決勝で大阪桐蔭を8回自責点1としながらも1-2で敗れ去り、3位決定戦でも、0-1で敗退しています。

今春の選抜甲子園出場はなくなりましたが、183㎝86kgと仕上がった肉体に、直球は148キロとプロでも通用する実力の持ち主です。

プロのスカウト達から、「世代No.1」と称される左腕が今夏の甲子園で見せる活躍に今から注目が集まります。

まとめ

甲子園というのは、とても厳しく一発勝負です。

夏は特に厳しく、炎天下の中50日足らずで、全国4000校以上の一番を決めます。今回は3人だけの紹介でしたが、まだまだその一発勝負に向けて、注目の選手達がいます。

今年の甲子園はどのようなドラマが生まれるのか、今から楽しみですね。

スポンサーリンク