矢部浩之、青木裕子と結婚しようと思ったきっかけを語る

160127-01

ナインティナインの矢部浩之さんが、先日放送されたテレビ番組で、青木裕子さんとの結婚エピソードを披露してくれました。

超ビッグカップルと呼ばれた二人に隠された、知られざるエピソードとは?

画像引用:http://mdpr.jp、http://cupie.biz


スポンサーリンク

国民的お笑いタレントと人気アナウンサー

矢部浩之さんは、吉本クリエイティブ・エージェンシー所属であり、相方の岡村隆史さんとナインティナインのコンビを結成している、日本全国屈指のお笑いタレントの一人であります。

お笑いタレントでありながら、映画などにも出演しており、1999年には、映画『メッセンジャー』で、日本アカデミー賞 話題賞を俳優として受賞しており、近年では番組の司会を務めたりマルチな才能を発揮。

奥様の青木裕子さんは、元TBSの人気アナウンサーであり、現在はフリーアナウンサーに転向して活動中です。

慶應義塾大学出身であり、アナウンサーになる前には芸能事務所に所属しながら、モデル雑誌にも登場したことがあるという過去があります。

数々のバラエティー番組で進行役を務めたりするなど、高いアナウンサー能力を発揮して、一躍有名となりました。

スポンサーリンク

青木裕子の何気ない一言が矢部浩之の心を動かす

そんな2人が結婚を発表したのは、2013年3月27日のネット配信の番組『めちゃ×2ユルんでるッ!』でした。

この時は、まさに、サプライズ発表という形になり、世間を驚かした瞬間でもありましたね。

現在は、男の子が生まれ、青木さんが第2子を妊娠中である、幸せいっぱいの矢部家ですが、先日、放送されたテレビ番組『解決!ナイナイアンサー』の中で、青木裕子さんと当初は結婚する予定が全くなかったというエピソードを披露してくれました。

矢部さん自体に結婚願望がなかったと語っており、青木裕子さんもそのことについては理解しながらお付き合いしていたといいます。

きっかけとなったのは、青木裕子さんがTBSを退社して、これからどうするかといった時に、矢部さんに放った一言だということでした。

「私、食べていかなきゃいけないから。矢部さんと付き合いながら。」という青木裕子さんの何気ない一言が、矢部さんの心を動かしたといいます。

こんな勝手な俺と、まだ一緒にいたいという気持ちがあるのかと思い、その青木さんの一途な性格に惹かれて、プロポーズを決意したということでした。

家庭も仕事も応援したくなるエピソードに今後も期待

青木裕子さんの決意というか、どんなことがあっても、矢部さんと一緒にいたいという気持ちがヒシヒシと伝わってくる良いエピソードでしたね。

矢部さんには、昔、ひとみちゃんという約15年間お付き合いしていた彼女がいたのですが、プロポーズをしたところ、遅すぎるという理由で断られ破局した過去があります。

結婚願望がそんなにない矢部さんのことですから、女性が結婚を決意させるような一言を言わないとダメなタイプなのかもしれませんね。

まとめ

今回のエピソードは、矢部さんの性格を現しているような感じがしました。

今年は第2子も誕生しますし、今後ともこの二人には幸せでいてもらいたいですね。

私としてはナインティナインとして、本気のお笑い番組も見たいです!

スポンサーリンク