宮脇咲良が10周年記念シングルのセンター抜擢。完全なるエースに

160126-01

人気アイドルグループのAKB48がデビュー10周年を記念したシングル『君はメロディー』のセンターを発表しましたね。

センターを務めるのは、HKT48兼AKB48の宮脇咲良さん。

世代交代が急務のAKB48にとって、17歳のエース候補である宮脇さんは、単独では初のセンターとなります。

宮脇咲良さんのプロフィール等を含めながら、今回の新曲についてまとめてみましたので紹介してみたいと思います。


スポンサーリンク

2014年からの上昇度が凄まじい、次期AKBグループのエース候補

宮脇さんは、1998年生まれの17歳。

アイドルグループである、HKT48チームKIV兼AKB48チームAのメンバーであります。

2011年にHKT48の第一期オーディションに合格。同年11月26日のHKT48劇場こけら落とし公演で劇場デビューを飾ります。

2012年には、AKB48 27thシングル選抜総選挙では47位に入り、ネクストガールズにてCDデビューを果たしました。

翌2013年の、AKB48 32nd シングル選抜総選挙では、26位にまで上昇し、アンダーガールズ選出。

そして、翌2014年の、AKB48 37th シングル選抜総選挙では、11位に入り、遂に念願のシングル選抜の名誉を獲得します。

AKB48の表題曲に選ばれることは過去にもありましたが、ファンが選抜メンバーを決めることができる、総選挙では初の選抜入りということもあり、AKB48グループの中でも世間からの人気の高さはトップクラスであることを印象付けさせた出来事でもありましたね。

また、38枚目のシングル・「希望的リフレイン」では、AKB48の絶対的エースの一角である渡辺麻友と共にダブルセンターを務め、名実ともにAKB48グループの時期エース候補として名乗りをあげました。

2015年には、AKB48 41st シングル選抜総選挙で堂々の一桁順位の7位を獲得して、順調にファンを増やしています。

スポンサーリンク

元エースと時期エース候補の共演に注目

そんな、宮脇さんが、今回のAKB48の10周年記念シングルのセンターを務めることが発表されたのが、『AKB48グループリクエストアワー セットリストベスト100 2016』の最終公演でした。

宮脇さんが、センターを務めることが発表されると会場にいた約2000人のファンからは大きな拍手が。

この、10周年記念のシングル『君はメロディー』は、AKB48を屈指のアイドルグループにまで成長させた、OGである、前田敦子さんや大島優子さんなども参加予定の楽曲であり、元絶対的センターと時期エースの共演は非常に大きな注目を集めています。

HKT48の先輩の指原さんに、そのことを問われると「緊張して死んじゃいそうです」と、答えた宮脇さん。

この辺りは、まだまだ、17歳の女の子だなというイメージもありますが、AKB48を今後、5年、10年と繁栄させていくなら、宮脇さんのような、次期絶対的なエース候補が必要となります。

元エースの先輩達の背中を間近で見ながら、何かを盗み、もう一回り大きくなってほしいですね。

今後の、宮脇咲良さんに大注目です。

スポンサーリンク