YOSHKIが米国の映画祭で曲を披露!衰えないドラム技術力

160125-02

90年代に大人気だったあのX JAPANのメンバーの1人、YOSHKIは、音楽活動の場所をアメリカに移しています。そのアメリカでは高級車に乗り、グランドピアノを優雅に弾く生活を送っています。

近頃は度々自分のその家の中に日本のテレビクルーを招き入れては、そこでの作曲の様子などを公開していますね。男子スケート選手への応援歌として、素敵な曲を作曲してはプレゼントもしています。そんな彼の近況をチェックしてみましょう。


スポンサーリンク

驚くほどに衰えのない美しさを誇るYOSHIKI

40代であるにもかかわらず、その肌の衰えは見られず、白く、若々しい肌の彼が羨ましくなりますね。未だにばっちりとメイクも施し、髪も染め、黒い革ジャンを着こなすあたりは、あの輝いていた時代となんら変わりはありません。

彼の全身からはオーラが漂ってくるんですよね。女性的な優しさと繊細さも持つ彼は、中世的な香りもするエキゾチックな男性です。

そんな彼は、アメリカのユタ州で「We Are X」というX JAPANをテーマとしたドキュメンタリー映画のプレミア試写を、パークシティのサンダンス映画祭で行ったんです。

その映画祭では、米国歌からX JAPANの代表曲「Forever Love」などを美しいピアノ演奏で披露しました。

その演奏に感銘した観客350人全てが総立ちとなり、温かい拍手を彼に送ったのでした。

そんな観客に対して、YOSHIKIは「イベントに呼んでくださってありがとう」と丁寧に感謝の気持ちを伝えたんです。格好いいですねえ。彼はアメリカ人のハートをも掴んでしまうですね。

スポンサーリンク

活動の拠点はアメリカに

なんだか、もう彼はアメリカにすっかり馴染んでいるようです。もう長く住んでいるので、英語も達者ですね。

彼女もスタイルも良く、美しい白人女性を彼女にしており、もう、ずっとこれからもアメリカで生活を送るようです。

日本よりもレコーディング機材の性能が良かったり、音楽活動においての発想力を研ぎ澄ますには、刺激のある海外の方がいいのかもしれません。

気楽にカフェに行くなんて、日本では目立ってしまい、なかなか出来ないですもんね。

海外でますます活躍しそう

そんなYOSHKIは、元X JAPANのメンバーでもあったPATAが体調不良で入院してしまいましたが、彼は症状も良くなってきているということで、良かったですね。

仲居君を励ましてあげたりと、本当に心の優しい人なんですね。そんなところも、数々の素敵な曲を生み出すところなのでしょう。

メンバーがそれぞれに違う道を歩みましたが、近頃はグループ全員で1つとなり、また素敵なあのX JAPANの素敵な曲を披露してくれています。

これからはメンバーが一丸となり、また新しい曲を披露してくれそうです。海外でも大人気な彼等ですから、ソロでピアノ演奏のアルバムなどを出すのではないでしょうか。トシや他のメンバーと共に各地をまわり、コンサートも行いそうですね。激しく、ハードロック調のような曲を披露してくれるでしょう。

まとめ

X JAPANのTearsという曲に、「何処に行けばいい 貴方と離れて 今は過ぎ去った 時間に問い掛けて」というフレーズがあります。

自分の方向性を求めて彼等は別々の道へと進みました。そんな彼等の心境を綴ったような歌詞ですね。

時間が彼等の心を変え、また笑顔で元のように活動できたら素敵です。

勢いのあるX JAPANの姿を、どんどんテレビで観たいですね。

スポンサーリンク