徹子の部屋40周年で大物ゲストも!黒柳徹子、年齢を感じさせないパワー

160124-01

黒柳徹子さんの長寿番組、「徹子の部屋」が今年でなんと、放送されてから40周年ということが驚きですね!

そのおめでたい記念をお祝いするために、あの赤石家さんまさんと所ジョージが2月に放送される番組収録のためにお祝いも兼ねて、トークを披露したんです。そんな彼女の魅力についてチェックしちゃいましょう。

画像引用:http://dot.asahi.com


スポンサーリンク

 大きなケーキにさんまさんと楽しく入刀

驚くことに、「徹子の部屋」に結婚式に出てくるような3段ケーキが登場し、それを黒柳さんとさんまさんがまるで夫婦のように仲良く笑顔で入刀したんです。黒柳さんは「結婚していないからうれしい」と言っていましたね。彼女にとって、何よりも幸せな瞬間だったのではないでしょうか。

本当にますます黒柳さんは82歳と高齢でありながら、パワフルに与えられたお仕事をこなしています。機関銃のように話すあのさんまさんにも負けないほどのトークを繰り広げるのですから、ますます驚きます。

スポンサーリンク

テキパキとトークをして仕事をこなす

そんな黒柳さんは2015年にはNHKのこちらも長寿番組の紅白歌合戦の史上最年長の司会としても仕事をこなしました。4時間以上もの長い時間、ずっと元気にテキパキとしたトークをこなしましたね。

彼女は57年前にもこの紅白の司会をしています。20代の頃はNHKで頑張り、それから他局の番組をこなすようになり、ますますそのトークに磨きをかけたんですね。

この徹子の部屋という番組では、いつも彼女は背筋をピンッとさせ、ゲストと会話をしています。背筋がピンッとするために、お尻の下に固い板を敷くことを彼女自身が提案したと知り、プロ魂を感じました。

ほんとにゲストの今や気持ち、プライベートなどにも鋭く迫るその質問などは、黒柳さんが何を聞くかを事前に調べてはメモし、番組内でアドリブも混ぜながら質問しているんですよ。ゲストの魅力も引き出し、本音を聞いてしまう彼女の上手いトークが見ものなのです。

健康面も考えるところが素晴らしい

その40年、ほとんど休むことなく番組に出ている彼女は自分の健康面もしっかりと考えています。食事はしっかりと食べ、毎日100回ものスクワットをこなすのです。ストレスを溜めないことが健康の秘訣という考えを持ち、人に会っては元気を貰うんですね。

お肉だってパクパク美味しそうに食べる黒柳さんの姿に、観ている方も「見習わなくちゃ」と勇気を貰えるんですよね。

紅白では「私、ちょっと声大きいですかねー」と言っては周りの笑いを誘っていましたが、若い人達に「もっと声を上げていきましょう!」とエールを送ったような感じがします。

まとめ

「徹子の部屋をやれるところまでやりたい」と考えている彼女は、今年も元気な姿と楽しいトークを見せてくれるでしょう。もしかすると、あの歌のベストテンも復活するかもしれませんね。また、コンサートをしたり、バラエティ番組にも色々と出そうですね。今後の彼女の行動から目が離せません。

スポンサーリンク